30代を過ぎると『ぽっこりとした下腹』が気になる!原因は何故?

30代過ぎてからのぽっこりとした下腹の原因

30代を過ぎると、男女問わず「ぽっこりとした下腹」が気になりますよね?

『昨年履いていたズボンが入らない』、『他人からの目が気になる』など、メタボ体型は何かと嫌なことが多いものです。

その「ぽっこりとした下腹」ですが、そういう体型になってしまうには一人一人に原因や理由があります。また、自分が『何故ぽっこりとした下腹になってしまったのか?』という原因を理解することで、その後の下腹ダイエットに役立ちます。

そこで今回は、30代過ぎてからの『ぽっこりとした下腹』の原因について詳しく掲載していきますので是非ご覧ください。

『ぽっこりとした下腹』のせいで嫌な思いをする機会が増える!?

ぽっこりとした下腹は嫌な思いをする機会が増える!?

30代を過ぎると『ぽっこりとした下腹』が目立つようになりますが、皆さんは大丈夫ですか?

また、身近にいる知人で『ぽっこりとした下腹』になっている方はいませんか?

 

私自身もつい半年前までは驚くほどに異様なメタボ体型だったわけですが、相当な努力と家族の支えあってこそ、今ではちょい割れの腹筋を手にすることが出来ました。

 

今思えば、ぽっこりとした下腹は嫌なことが多いです。。。(泣)

 

例えば、ぽっこりとした下腹のせいでウエストサイズが大きくなりますので、昨年履いていたズボンが履けずにへこみます(>_<)

また、他人と話している時などに視線が下腹のほうを向いていることに気付くと『チッ!』と思います。。。

 

ちなみに、私が最もぽっこりとした下腹に嫌気がさしたのは、足の爪を切る時です。

お腹が邪魔をして届かないんですよ。。。(泣)

 

妻に足の爪を切ってもらっている姿は、もはや介護のようです(悲)

 

やはり、ぽっこりとした下腹は改善することが出来るものですので、出来る限り早い段階でダイエットをしていった方が良いと思います。

今まであったぽっこりとした下腹がなくなると、生活自体が大きく変わりますし、何より世間の目が変わります。

 

ただし、ぽっこりとした下腹になってしまうには、必ず一人一人に原因がありますので、下腹ダイエットをする前に自分が『何故このような体型になってしまったのか?』という原因を理解しておきましょう。

 

では次項では、30代を過ぎてからの『ぽっこりとした下腹』になる3つの原因を掲載していきますので是非ご覧ください。

 

30代を過ぎてからの『ぽっこりとした下腹』になる3つの原因

ぽっこりとした下腹になる3つの原因

30代を過ぎてからの『ぽっこりとした下腹』になる原因としては、

 

  • 運動不足による筋力の衰え
  • ストレスによる暴飲暴食
  • 病気にかかっている恐れがある

 

の3つが大きな原因と言われております。

 

運動不足による筋力の衰え

まず最初の原因は、運動不足による筋力の衰えです。

30代になると、仕事が忙しくなりどうしてもプライベートの時間が削られてしまうものです。

朝起きて会社に出社し、夜7時から8時に帰宅したと思ったらビールを飲んでそのまま就寝なんいう生活をしている方も多いかと思いますが、そのような生活がまさしくぽっこりとした下腹の原因なんです。

20代のうちは、このような生活をしていても代謝が良いので太らないのですが、30代になると心身ともに衰えて来ますので、何かしらの運動をしていかないと、みるみるうちにメタボ体型になってしまいます。

また、筋力の衰えのせいで、内臓脂肪や皮下脂肪と言われる脂肪が腹部についてしまうのですが、怖いのはこれだけでなく、内臓が重力に逆らえなくなってしまい、その結果ぽっこりとした下腹になってしまうようです。

 

一度、お腹に力を入れてへこませてみてください。

 

お腹をへこませて平らになるようでしたら、きちんとした下腹ダイエットを実施することで改善の余地がありますので、是非下腹ダイエットを考えていきましょう。

 

ストレスによる暴飲暴食

次に、2つ目の原因は、ストレスによる暴飲暴食です。

やはり30代になると、会社でも部下ができ、いわゆる中間管理職に就くわけですが、上司から文句を言われ、部下からも文句を言われる立場は非常にストレスが溜まります。

しかし、ストレスの捌け口が食べることやお酒を飲むことになってしまうと、これがぽっこりとした下腹の原因になってしまいます。

 

私も暴飲暴食をしてきた人間ですから、現在、暴飲暴食をしている方の気持ちも良く分かるのですが、最終的には自分の体を傷めるだけですので、早い段階で改善していった方が良いです。

また、暴飲暴食をするということは、摂取カロリーが極端に消費カロリーよりも上回っているという状況になりますので、自然と体に脂肪が溜まってしまいます。

 

ぽっこりとした下腹を改善するためには、食生活は非常に重要なことですので、しっかりと自分の胸に手をあてて考えていきましょう。

 

病気にかかっている恐れがある

そして3つ目の原因は、病気にかかっている恐れがありますので注意が必要です。

私は医療の専門家ではありませんので、詳しい内容等をお伝えすることは出来ませんが、ぽっこりとした下腹は病気が原因の場合もあります。

お腹には様々な内臓がありますし、特に女性は子宮の病気にかかっている恐れもあります。

 

まずは、健康診断人間ドックなどを受けて、医師からの現況を聞いてから、下腹ダイエットを考えていくのが最も理想の流れだと私は思います。

実際に私も、人間ドックを受けた際に、医師から注意を受けて下腹ダイエットを決意しましたので、途中リタイアしない為にも、まずはお近くの医療機関で診察を受けることをおすすめ致します。

 

『ぽっこりとした下腹』は放置すると大変なことに!?

ぽっこりとした下腹は放置すると大変なことになる!?

ここまでで、ぽっこりとした下腹の原因についてご説明してきましたが、いかがでしたか?

この記事を見て頂いた方の大半が、上記に当てはまる原因に見覚えがあると思いますが、ぽっこりとした下腹は放置すると非常に危険です。

 

というのも、運動不足や暴飲暴食は病気にかかる危険性が増しますので、寿命を縮めることになってしまいます。

一度きりの人生ですから、好きなことをやって好きなものを食べる生活も確かに悪くはないのですが、早死にしては元も子もありません。

 

長生きすることで、美味しい食べ物もたくさん食べることが出来ますし、大好きなお酒だってたくさん飲むことが出来ます。(制限付きですよ。。。)

 

重い病気など取り返しがつかない状況になる前に、ぽっこりとした下腹の原因を明確にして改善策を考えていきましょう。

 

まとめ

以上が、30代を過ぎると『ぽっこりとした下腹』が気になる!原因は何故?になります。

いかがでしたか?少々怖い内容も掲載してしまいましたが、ぽっこりとした下腹はなくて良いものですので、気付いたその時から改善していくべきです。

最近では、運動をする時間がない方や運動することが苦手な方に向けたサプリや漢方なども充実していますし、運動の器具であったりもインターネットで安く購入出来る時代です。

この機会に是非、下腹ダイエットにチャレンジしてみましょう♪